漢方薬とホルモン剤と更年期障害、それぞれの関係性について

男性の更年期障害も今では増えているといわれています。それぞれのアプローチが考えられるのですが、漢方薬を使った治療法というものも着目されているものの1つとなっています。ホルモン剤を使用した治療法もあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

■漢方薬を使った治療法について
漢方薬のメリットとして考えられることは、副作用が少ないということがいえるでしょう。ただし、アプローチとしては「根本的な治療法」というよりも、その時々の症状を和らげるという目的で使用されることが多いのです。

■漢方薬の取り扱いについて
漢方薬は気軽に取り入れられるイメージはありますが、第二種医薬品として指定されているものです。ですので、注意事項をしっかりと把握した上で取り入れましょう。また、現在服用しているお薬があるという方は「飲み合わせ」も気をつけましょう。

■ホルモン剤の治療法について
ホルモン剤は根本的な治療として取り入れられているものです。ですので、対処としてではなくしっかりとしたアプローチが期待できるでしょう。ホルモン剤治療の場合、副作用というものも出てしまう可能性があります。吐き気やのぼせなどを感じる方も少なくありません。

今では、市販でも手にすることが可能なホルモン剤ではありますが、安全な状態をという場合ですと、やはり医療機関を受診し「処方薬」として取り入れていくことをおすすめしたいと思います。

■医師に相談をするのもよい
漢方薬とホルモン剤それぞれの治療についてですが、どちらにも良い点とそうでない点があるのです。自らでは判断しにくい部分でもあるかと思いますので、しっかりと症状と向き合いたいという方は医師に相談をされることをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ホルモン剤の成分は平たく言えば「女性ホルモン」の成分を含むものという認識が高いかと思います。ですので…
  2. 男性という性別そのものに目を向けてホルモン治療を考えたとき、更年期障害などをイメージされる方も多いで…
  3. 男性の更年期障害も今では増えているといわれています。それぞれのアプローチが考えられるのですが、漢方薬…
  4. 市販でホルモン剤を購入したい。そのような方もいらっしゃるでしょう。今ではインターネットを通して通信販…

カテゴリー

PAGE TOP