ホルモン剤を個人で購入することは可能なのかについてちょっと調べてみました

市販でホルモン剤を購入したい。そのような方もいらっしゃるでしょう。今ではインターネットを通して通信販売として手にすることも可能なのです。特に男性特有の性的な悩みのアプローチとしてと考えている方は医療機関を受診することに恥ずかしさを覚えるという声もありますので、個人的に手にすることが出来るのはメリットといえるでしょう。

■個人購入は可能なのか
ホルモン剤の購入ですが、今では個人輸入などというスタンスでもジェネリック薬品を手にすることが出来るなどという環境が整っています。これが法律に触れるのでは?と不安な方もいらっしゃるでしょう。法律的な部分については「個人の使用」の範囲であれば問題はありません。

売買目的などであれば購入することは出来ませんのでご注意ください。

■しっかりと認識をもつこと
薬剤師からの注意書きをしっかり読むこと・サイトの中に記されている注意事項や説明を読むことさらには、サイトによっては薬剤師から電話があり直接説明を聞くというスタンスを取り入れているところもあります。しっかりとホルモン剤を服用する・塗布することに対する認識を持ち、納得をした上で取り入れるようこころがけましょう。

■全ては自己責任
個人的に購入をするという場合、仮に副作用症状が出たとしてもそれら全ては「自己責任」となってしまいます。そうした側面においても把握し納得した上で利用することが大切といえるでしょう。

■個人購入とホルモン剤
こうして注意すべきポイントなどが個人購入にはいくつかありますので、熟考した上で取り入れるよう心がけましょう。不安感があるなどという場合には、やはり医療機関を受診していただくことをおすすめしたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ホルモン剤の成分は平たく言えば「女性ホルモン」の成分を含むものという認識が高いかと思います。ですので…
  2. 男性という性別そのものに目を向けてホルモン治療を考えたとき、更年期障害などをイメージされる方も多いで…
  3. 男性の更年期障害も今では増えているといわれています。それぞれのアプローチが考えられるのですが、漢方薬…
  4. 市販でホルモン剤を購入したい。そのような方もいらっしゃるでしょう。今ではインターネットを通して通信販…

カテゴリー

PAGE TOP