男性だからこその悩みとホルモン剤について考えておきたいこと

男性という性別そのものに目を向けてホルモン治療を考えたとき、更年期障害などをイメージされる方も多いでしょう。もちろん、医療現場においてはそのような治療目的で用いられることも多いのですが「遅漏対策」など性的な悩みに対しても用いることがあるのです。

今回は、先のような部分で使用をする際の注意点やポイントについて考えていきましょう。

■年代などについて
今では、市販でも購入しやすい環境が整っているという事もあります。性的な悩みについてはなかなか病院に足を運びづらいという方も多く、実践的に取り入れている方もまた多いようです。しかし、40代・50代の男性におけるホルモン剤の使用は早いのではないかという声もまたあるのです。

そうした部分を知っておくこともまた重要なことといえるでしょう。

■なぜ早いといわれるのか
なぜ40代・50代のホルモン剤が早いといわれるのかという部分についてですが、答えから言えば「男性ホルモンの分泌力が自力復活という事を考えると難しくなるから」というのがその理由となるでしょう。

■状態に合わせてアプローチを変える
ホルモン剤というと経口投与が一般的ではありますが、深刻な状態ではないという場合においては「軟膏」というスタンスも人気があるようです。

■多用は危険
一時的な不全状態や遅漏対策に使用するというにはホルモン剤は比較的に安心して利用できるともいえるのですが、多用するのは危険ともいえるのです。ですから、あくまで「きっかけ」という感覚で取り入れることをおすすめしたいと思います。

■ホルモン剤と上手に付き合う
今回は、男性特有の悩みのアプローチとして取り入れるホルモン剤について考えていきました。有効的に作用はするものの、多用してしまうのは危険という事を認識しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. ホルモン剤の成分は平たく言えば「女性ホルモン」の成分を含むものという認識が高いかと思います。ですので…
  2. 男性という性別そのものに目を向けてホルモン治療を考えたとき、更年期障害などをイメージされる方も多いで…
  3. 男性の更年期障害も今では増えているといわれています。それぞれのアプローチが考えられるのですが、漢方薬…
  4. 市販でホルモン剤を購入したい。そのような方もいらっしゃるでしょう。今ではインターネットを通して通信販…

カテゴリー

PAGE TOP