最近は男性の方でもホルモン剤の購入を検討しているという人が増えてきているので、男性の方でホルモン剤の購入を検討されている方に読んでほしいコラムの特集をしていきたいと思います。

男性の更年期障害を市販薬で治療したい場合それは可能なのか

更年期障害は閉経10年前後の「女性」に多く見られる症状といわれています。冷えやのぼせ・無気力や自律神経の不調などが現れますので、日常生活に支障をきたしてしまうという方もいらっしゃるようてせす。しかし、男性にもまた更年期障害で苦しんでいるという方もいらっしゃいます。

そして治療方法としてホルモン剤が有効的なのです。

■男性の更年期障害について
性差関係なく、男性ホルモン・女性ホルモンは体内に存在しています。ですから、男性であっても女性ホルモンが優位に働くことによって、更年期障害を引き起こしてしまう可能性は十分にあるのです。実際に、男性の方の中で更年期障害と戦っているという方もいらっしゃいます。

男性の更年期障害を市販薬で治療したい場合それは可能なのか

治療法穂としてはホルモン剤を使用するというものが一般的となっています。そうしたホルモン剤を使った治療を「市販薬で」と考える場合もあるかもしれません。ホルモン剤というものは市販で購入することは可能なのでしょうか。

引例⇒ホルモン剤の副作用 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

■市販のホルモン剤について

市販でホルモン剤を購入できるか否かという部分についてですが、結果から言えば「可能である」ということがいえるでしょう。一般的なドラッグストアなどでも購入することは可能なのです。しかし、ホルモン剤は「第一医薬品」に指定されているお薬となっています。

ですから、薬剤師による説明とパンフレットを読むことなどが基本的なスタンスといえるでしょう。

■通信販売で購入したいという方へ
今ではインターネットを利用しているという方も増えています。そして、インターネットを利用してホルモン剤を購入するということもまた可能となっているのです。こうした場合、説明義務などについてはどうなっているのだろう?と思う方もいらっしゃるでしょう。

通信販売という形になりますので、「情報提供書面」という形で駐在の薬剤師から発行されて説明をうけることになっています。また、薬剤師から直接的に電話で説明を受けるということもあるでしょう。

■市販薬を購入する際の注意点などについて
気軽に市販薬を購入することがしやすい環境が整っているといえるのですが、やはりホルモン剤には「副作用」というものが考えられます。ですから、十分に注意をして取り入れる必要があるでしょう。服用中の副作用はもちろんですが、お薬によっては薬の効き目が切れたあとの状態が服用前よりも悪い状態になってしまうということもあるのです。

ですから、十分に薬に対する認識や注意というものが必要となるのです。健康状態に近い方であるほどにその副作用も強く出るとも言われていますので、注意事項をしっかりと読むことや薬剤師から十分な説明をうけることなど慎重なスタンスでとりいれていくよう心がけましょう。

■市販では不安感を覚えた方へ
このように比較的に個人的にも入手しやすいホルモン剤ではありますが、不安感というものも同時に覚えた方もおいでではないでしょうか。そのような方においてはやはり医療機関を受診し、医師の診断を仰ぎ処方してもらうということをおすすめしたいと思います。

性差を気にしてなかなか出向けないという声もあるようですが、実際に医療機関を受診し改善を目指しているという男性も少なくないのです。中には、男性専用クリニックなども存在していますので、そうした場所を探してみるというのもよいでしょう。

■更年期障害に対するアプローチ
今回は、市販薬という部分を中心に男性の更年期障害について考えていきました。市販薬として入手することも可能であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

ホルモン剤とガンの関係性について考えてみました

よく言われるのが乳がんの検診を受けるのが怖い、といった意見ですが女性であれば誰しもがなる可能性があるため目を背けていてはなりません。インターネットなどで調べると、簡単にセルフチェックの方法も調べることができます。鏡の前にたって両手をあげて違和感がないか、あおむけになって触ってみるなどいずれも今日にでもできるものばかりです。

また、パートナーに触れられて気づくというものもあります。知識をシェアし、お互いの体に異変がないか日々確認しあえるような関係が理想です。また、ホルモン剤は治療だけでなく乳がん、子宮がんの予防にもなると言われています。ホルモン剤の一種でもある経口避妊薬を投与し続けることで、子宮内膜症などといった病気を治療できるというのは一般的になりつつあります。

ホルモン剤とガンの関係性について考えてみました

晩婚化が進み、未婚の女性がなりやすい子宮系の病気は、ホルモン剤によって体に「妊娠している」と勘違いさせることで健全な状態に戻すことができます。不妊で悩む人にも友好的であり、ピルの投与によって健康な子宮を手に入れ、やめた瞬間子供を授かるといった理想的なパターンが多く報告されています。

もちろん、乱用はよくありません。経口避妊薬などのホルモン剤には血栓を引き起こす成分も含まれています。特にタバコを吸う人や血栓症の人には使用は不向きであり、命にかかわる問題になります。身体上特に問題ない人であっても、投与によって体質が変化することもあるため定期的な血液検査と医師による助言が必要です。

病院に行かなければならないのが面倒、という人には二回目以降ネットでの購入という方法もあるので、仕事や他の用事を後周しにする必要もありません。通常の生活を守りながら、簡単に予防ができるとして好まれていますが、いずれにせよ定期的な検診は欠かさないようにしたいものです。

また、これらの服用によって安易な性行為をしてしまうケースが若者に多く見受けられますが、いくらピルを飲んでいても性病に感染しないということではないので十分注意しましょう。

ピックアップ記事

  1. ホルモン剤の成分は平たく言えば「女性ホルモン」の成分を含むものという認識が高いかと思います。ですので…
  2. 男性という性別そのものに目を向けてホルモン治療を考えたとき、更年期障害などをイメージされる方も多いで…
  3. 男性の更年期障害も今では増えているといわれています。それぞれのアプローチが考えられるのですが、漢方薬…
  4. 市販でホルモン剤を購入したい。そのような方もいらっしゃるでしょう。今ではインターネットを通して通信販…

カテゴリー

PAGE TOP